医学的な観点から施術を行なえるのが美容皮膚科の利点です

ウーマン

シミの治療や美白

微笑む女の人

美容皮膚科ではいろいろな肌の問題に対する治療を行なうことができます。例えば、年々目立つようになる顔のシミやくすみを取るための治療というのもあるのです。シミというのは肌にあらわれてくる薄黒い斑点のようなもののことで、これがたくさん出てきてしまうと顔の雰囲気が暗くなってしまいます。その結果実年齢よりも老けた印象を与えてしまうことになるのです。そんなシミやくすみの原因といわれているのが日中に浴びることの多い紫外線なのです。紫外線は目で見ることはできず、それを浴びてしまうと肌の中にあるメラノサイトと呼ばれる細胞が活性化してしまうのです。このメラノサイトという細胞がチロシナーゼと呼ばれるアミノ酸を作り出し、それがチロシンと反応することでメラニンが生まれ肌の色素沈着に繋がるのです。色素沈着は普段なら肌の新陳代謝で古い角質とともに剥がれてなくなります。しかし、長年紫外線を浴びた肌はストレスが溜まり、肌の新陳代謝が上手くできなくなってしまうのです。そうなるとメラニンはどんどん沈着してしまい落ちにくいシミやそばかす、くすみになってしまうのです。若いうちから紫外線の対策をしっかり行なってシミやくすみを予防しましょう。
美容皮膚科ではシミやそばかす、くすみを綺麗にとる方法の1つとしてレーザーでの治療を行なうことができるのです。レーザー治療のなかでも有名なのがQスイッチルビーレーザーというものでしょう。これは皮膚の中のメラニン色素を破壊することができるレーザーで、多くの美容皮膚科やクリニックで使われています。他の健康な皮膚を傷つけずメラニン色素が沈着している部分だけに作用してくれるので、安心して治療を受けることができます。このQスイッチルビーレーザーを使った後は患部がかさぶたになり、それが剥がれるとシミやくすみが薄くなったり消えたりするのです。メスを使ったりする必要もなく安全に行えるシミ治療の1つなのです。

また、レーザーと似たような機械を使う治療にはフォトフェイシャルと呼ばれるものもあります。最近はエステサロンでも使われることが多くなっているフォトフェイシャルは、紫外線以外のいろいろな波長の光を肌に当てて行なう治療です。光の波長が短いと肌表面のみにしか効果がありませんが、このフォトフェイシャルは長い波長の光も含まれているので肌の奥にも作用することができ、コラーゲンの促進や赤みの軽減にも効果が期待できます。レーザーと同じようにシミの原因であるメラニン色素を破壊できるのですが、そのときの光の出力を調整することができるのです。美容皮膚科ではエステサロンより強い出力でフォトフェイシャルを照射することができるため、効果も実感しやすくなるでしょう。

レーザーや光を使った治療の他にも美容皮膚科では薬を処方してシミやくすみを治すという方法があります。美白成分として化粧品にもよく使われるハイドロキノンという成分を使い、シミやくすみを綺麗にすることができるのです。美容皮膚科から処方されるハイドロキノンは純度が高く、クリームや液、軟膏などいろいろなタイプのものがあります。なぜ、このハイドロキノンがシミにいいのかというと、メラニンを作るチロシナーゼの働きを抑えてくれるからです。さらに、塗り続けることでメラニン色素を生み出すメラノサイト細胞を破壊することもできます。美容皮膚科で処方されるハイドロキノンはとても強力な美白成分があるので、医師の支持にしたがって使うようにしましょう。